TOSHIAKI WATANABE

ブログ

フェルメールって何語?

フェルメール(Johannes Vermeer)

日本でも人気の17世紀、オランダの画家フェルメールについて書きたいと思います。

その前に日頃から想っている外国の地名と人名の日本での呼び方の問題です。イギリス、オランダ、ドイツなどの国名は16世紀ポルトガル語から訛って日本で使われている国名で、せめて英語読みか現地読みにならないかという疑問です。1996年の春オランダ ハーグで大フェルメール展が開かれ全世界のフェルメールの作品30数点の内23点の作品が集まり、急遽パリからアムステルダムのエアーのチケットとホテルの予約だけで行った時のことです。まずパリのホテルのバーで拙い英語でバーテンダーと話すうち印象派のドガ(Degas)が”デガス”に改められました。アムスのホテルでフェルメール展のチケットの入手方法を聞くとフェルメールが”バァメーァ?”に、ハーグまでの列車チケットはハーグのスペルを指差し、現地のマウリッツハイツ美術館の1時間の人の列で2時間後の見学チケットを手に入れ見ることができました。”フェルメール”っつて何語なのかな?

 

        

 

趣味と生活   2011/12/28   渡辺 敏秋
タグ: